スピーディーな査定の理由

イエウールで一括査定を申し込むと、驚くほどすぐに査定結果を教えてもらえます。
不動産会社にもよるのでしょうが、ある程度体制ができており、すぐに査定額を出せるようにしているのだと思います。

机上査定の場合、最初の査定額はあくまで概算です。
過去の取引や路線価を元に、これくらいなら売れるのでは?という金額を査定額として提示してくれます。

ただ、これが結構正確で、直近で近隣の売買成立額を元にしている場合は、さらに正確な金額を教えてもらえます。

中々同地域で売り物件が出ないような場合は、路線価を元に近隣での情報を参考に算出されます。
その場合は、一旦そのくらいの金額で売りに出し、様子を見てみるという金額でもあります。

どうしても売れない場合は徐々に下げていくという形を取り、その限界値は売主側と相談の上決められます。
もし早急に売りたい場合などは、最初から低めの金額を設定したりなどの相談も可能です。

急がないからなるべく高値でという方の場合は、相場より若干高めに設定し、長期間様子を見るという形になります。
ただこの場合、他のページでも書きましたが、固定資産税などの問題もあります。

また、不動産会社もあまり超期間売れないというのも困るため、ある程度の期間売れない場合は相談になるかと思います。

こういった感じで、査定で出た金額はあくまで概算での金額になるため、査定申し込み、即結果という事ができる理由でもあります。
ある程度のラインは必要ですが、そこまで正確に「この金額で」という必要はないわけです。

不動産の売却価格(設定価格)はあくまで言い値であり希望額です。
購入希望者がいればその金額で売れますし、売れなければ下げるなり対応が必要です。

例えば近所にコンビニやスーパーができたり、大きな道路や高速のインターができたり、はたまた地震や水害の影響で高台が注目されたり、ある程度不動産価格は流動的です。
そういう変化や流れは、やはり不動産会社が一番詳しいです。

しかし、いい加減な会社だと思わぬ損をしたり、中々売れなかったりとトラブルや問題が起きてしまいます。
適当に契約する不動産会社を決めずに、しっかりと相談ができる会社、力になってくれる会社選びが不動産の売却では非常に重要です。