知っておきたい売却知識

不動産を売却するにあたり、最低限知っておくべき知識があります。

不動産の売買は高額な取引になりますので、極力トラブルを防ぎ、気持ちよく売買を終わらせたいですよね。
そのためにも、しっかりとした知識で「しまった!」ということがないようにしてください。

1、査定額=売却額ではない
特に初めて査定をされる方に多いのですが、査定額がそのまま実際の売却額になることはまずありません。
よほど人気のある立地で好条件が揃っていれば別ですが、大抵の場合価格の見直しを行います。

即売れること自体稀ですので、長期間売れない場合は値下げを行うのが一般です。
また、買主との交渉時に値下げを求められることもあり、最終的に査定額より下がると考えておいて間違いないです。

ただ、そのことを考えて高めで売り出し、希望額が値引き後の金額になるよう調整することもできます。

2、売却には手数料などの費用が必要
不動産の売却には、様々な費用が必要になるので注意してください。
一番大きいのが不動産会社へ支払う仲介手数料で、売買価格によって変わります。

例えば400万円以上で売却する場合は、売却額の3%+6万円+消費税となっています。
(1000万円の場合だと、仲介手数料は388,000円となります))

ただしあくまで法律上の上限額ですので、不動産会社によって変わってきます。
正確な金額は、不動産会社に確認されてください。

これ以外にも印紙税や譲渡所得税などありますが、金額によって変化し、譲渡所得税はまず必要ない場合が多いです。
最終的にどれくらい引かれるのかは、しっかり確認しておかないとトラブルの元ですので、最初の段階で書面で頂くようにしてください。

ちなみに、これら手数料などの支払いは売却成立後になりますので、別途事前に用意する必要はありません。

3、登記と実際の状態を比較
こちらは相続した不動産や、長期間放置していた不動産の場合に注意が必要です。
登記上の建物や土地の境界が、実際のものとは異なっている場合があるんです。

例えば増築したり倉庫を建設していたり、登記したときにはなかった物が加えられていると、登記上と変化が生じているため、税額が変わったり建て替えの場合に制約ができてしまったりと、トラブルの原因となります。
また、土地の境界も長期間のうちに変わっている場合があるので、売買する際には測量をお願いするなど対処が必要です。

もちろん素人には分からないことなので、不動産会社のほうで調べてもらうなり、助けてもらったほうが無難です。